個人設定

機能

データを受け取って出力するのではなく、単に相当するリンクを出力。Amazon へのリクエストがよく失敗するので用意。
検索結果にメーカー等の詳細も表示するようにします。(その場で切り替えできます。)
楽天市場へのリクエストは、市場と商品価格ナビのどちらかにジャンルによって振り分けているのですが、これを自分で選択できるようします。

チェックを入れると検索ページにセレクトボックスが出現するようになります。

画面右下の▼ボタンのスクロール速度の調節。スライダーを右にずらすとスクロールが遅くなります。

検索結果ページでは若干早くしております。

Amazon.co.jp のアダルト商品、またそれらを含むカテゴリを表示するかどうかの設定です。

デフォルトではアダルトカテゴリのジャンルを非表示にしてあります。

外観

背景色の変更、黒バージョンだけ用意してあります。
850px以上でも、サイドバーを隠し 850px以下用のレイアウトを適用します。